面接で採用担当者から好ましくないと判断される応募者には、幾つかのタイプがあります。

面接で好ましくないと判断される応募者

面接で好ましくないと判断される応募者

面接で好ましくないと判断される応募者

面接で採用担当者から好ましくないと判断される応募者には、幾つかのタイプがあります。まず声が小さくて聞き取りにくく、うつむいたまま相手の目を見て話そうとせずアピール力に乏しい人は、消極的で自信のない印象を与えてしまします。

逆に、面接官の話もあまり聞かずに一方的に話し続ける饒舌な応募者も問題です。警護を使わずに馴れ馴れしいこと簿づかいをする反面、その内容には中身が伴っていなかったり、態度やしぐさも落ち着きがなかったりします。こうしたタイプではなくても、尊敬語と謙譲語の使い分けなどの言葉づかいは、身につけていくべきマナーとされているので、面接での重要な判断材料であることを肝に銘じておきましょう。他にも質問の趣旨から外れた答えをしたり、結論までの話が回りくどかったり、結論そのものを答えなかったりする人も嫌がられます。

転職での応募者で、前職の退職理由として上司や同僚の責任にするなど、自分には問題がなく周囲の環境が悪かったからと言う人がいます。このような人は自己中心的で我儘であるとの評価を受けてしまいます。また前職での機密事項を漏らしてしまう応募者は問題視され、社会人としての常識やモラルに欠かけ、自社で採用した場合に守秘義務に違反しかねない人物として不信感を持たれます。

Copyright (C)2017面接で好ましくないと判断される応募者.All rights reserved.