面接と言うと、採用担当者と応募者が一対一で行うと言うイメージがあります。

面接で好ましくないと判断される応募者

面接で好ましくないと判断される応募者

新しい就職面接の形とは

面接と言うと、採用担当者と応募者が一対一で行うと言うイメージがあります。確かに、今でもこの形式がほとんどです。しかし、最近はグループディスカッションを取り入れる企業が増えてきました。グループディスカッションを取り入れる理由は企業によって様々です。ですが、採用担当者と応募者が一対一と言う面接では知ることが難しい、応募者の人間性を知るために取り入れられることが多いです。応募者同士のやり取りを見て協調性があるか、コミュニケーション力があるかを見ていきます。グループディスカッションでは、あまり目立ちすぎてはいけません。

グループディスカッションで勝ち残るには、聞き上手であることがポイントになってきます。自分の意見をとうとうと述べると、協調性に欠けると判断されるでしょう。もちろん、自分と違う意見を述べた人に対して、頭ごなしに否定することは避けることです。相手を尊重し、理解を示しながら自分の考えを述べると言うのが基本になります。グループディスカッションでは、とにかく気合が入りまくって空回りする人も少なくありません。一人だけ目立とうとする人も多いです。目立てば好印象を与えられると言うわけではありません。

就職・転職・求人に関連するブクマ♪

Copyright (C)2017面接で好ましくないと判断される応募者.All rights reserved.