面接に行く時の服装を決める時、靴にも気を遣うのがベストです。

面接で好ましくないと判断される応募者

面接で好ましくないと判断される応募者

面接時の服装を決める時は靴にも力を入れる

面接に行く時の服装を決める時、靴にも気を遣うのがベストです。意外と足元は見られています。見た目全体のイメージをアップさせるためにも、靴はふさわしい物を選びましょう。スーツで面接に行く場合は、男性なら黒の革靴、女性なら黒のパンプスが適しています。私服で行く時は当てはまらない場合もあります。しかし基本的には、黒いフォーマルな靴が良いでしょう。

女性の場合、パンプスのヒールの高さも気になる所です。高すぎても低すぎても不自然になります。最もバランスのとれた高さを選びましょう。面接向けには一般に、高さ5センチでピンヒールでないものが適していると言われています。これから面接用の靴を購入する場合は、必ず試着してみましょう。せっかく靴そのものがフォーマルでも、サイズが合わないと歩き方や立ち姿が乱れます。そのせいで、面接時に全体の印象を下げてしまう可能性があるからです。さらに、ある程度履き慣らしてから本番に臨むと安心です。

デザインもサイズもぴったりの靴を選んだら、お手入れも怠りなくしておきましょう。黒い靴は、汚れが結構目立ちます。面接本番には、ピカピカの靴で臨みたい所です。指定場所に着くまでに汚れてしまいそうなら、携帯用の靴磨きでサッとひと拭きするのもおすすめです。面接当日の服装を決める時は、靴も気合を入れて選びましょう。

就職・転職・求人に関連するブクマ♪

Copyright (C)2017面接で好ましくないと判断される応募者.All rights reserved.