就職面接は1回だけと言うわけではありません。

面接で好ましくないと判断される応募者

面接で好ましくないと判断される応募者

就職面接は複数回行われる

就職面接は1回だけと言うわけではありません。内定をもらうまで3回位行われます。そして、それぞれで担当者が変わるのが普通です。1回目は若手社員が担当し、2回目は管理職クラス、そして最後の面接は役員や経営幹部が担当します。若手社員は自分の後輩としてどうかと言う視点でチェックしてきます。管理職クラスの人は、まずは部下としてどのような資質があるかをチェックし、将来の希望についても聞くことも多いです。役員や経営幹部は、基本的にそこまで細かいやりとりにはなりません。ここまでくると選考のために行うと言うよりは、採用予定者を役員や経営幹部にお目通ししておくと言う意味合いが強いです。

この段階で落とされることはほとんどないですが、きちんとマナーを守らなければ落とされていしまいます。内定をもらうまでは油断をしてはいけません。担当者がその都度変わるので、担当者の年齢や役職によってアピールの仕方を変える必要があります。若手社員との面接に成功するポイントは、とにかく意欲的な姿勢を見せることです。管理職クラスの人には、ある程度自己主張しましょう。若い人の考えを知りたいと言う人が多いので、面白がってもらえる可能性があります。

Copyright (C)2017面接で好ましくないと判断される応募者.All rights reserved.