アルバイトやパートとして働く場合、面接は1回だけで済みます。

面接で好ましくないと判断される応募者

面接で好ましくないと判断される応募者

就職面接は1回では済まない

アルバイトやパートとして働く場合、面接は1回だけで済みます。しかし、大学生が正社員として企業に就職したいと言う場合、1回では済みません。3回程度受ける必要があります。そして、担当者は1回ずつ変わると言うことを頭に入れておきましょう。最初は若手社員、二次では管理職クラスの人が担当します。最終は役員や経営幹部が担当すると言うのが通常です。当然ながら、それぞれ年齢も違えば会社内での立場も違います。アピールの仕方は同じではいけません。担当者に合わせてアピール方法を変えるのが鉄則です。

若手社員との面接でアピールすることは、何と言ってもフットワークの軽さです。意欲的な人と言う印象を与えなければいけません。また、一緒に働きたい後輩かと言うところを重要視しているので、少しでも生意気な態度を見せると不利になってしまいます。あまり自己主張をするのは避けた方がいいでしょう。しかし、管理職クラスの人との面接では、多少自己主張をした方がいいです。若い学生の視点を新鮮に感じる人が多く、またそう言う視点を知りたいと考えているので歓迎されます。現在の若者はこう考えていると言うことを正確に伝えることができれば、採用も近くなるでしょう。

Copyright (C)2017面接で好ましくないと判断される応募者.All rights reserved.