就職面接では自己PRがしっかりできること、志望動機がきちんと答えられることが重要になってきます。

面接で好ましくないと判断される応募者

面接で好ましくないと判断される応募者

就職面接では自分をしっかり伝えよう

就職面接では自己PRがしっかりできること、志望動機がきちんと答えられることが重要になってきます。これらがきちんとできないと、自分を伝えることはできません。内定はもらえないでしょう。事前に回答を練っておくことです、また、学生の場合は何社も受けるでしょう。自己PRも志望動機も応募先の企業に合わせて調整しなくてはいけません。とくに、自己PRは毎回同じことを言う人が多いです。しかし、これでは自分の魅力は伝えられません。企業に対して自己PRをするわけですから、企業によって強調するところは変える必要があります。

自己PRを自分の性格を伝えることと勘違いしている人が多いです。しかし、企業側は応募者の性格を知りたいわけではありません。自社にどう貢献してくれるかを知りたいわけです。ですから、自分の性格を語るのではなく、その企業に自分がどう貢献できるかを伝えましょう。もちろん頑張ります、絶対貢献しますと言う精神論だけではいけません。具体的で説得力のある言葉で伝える必要があります。また、志望動機に関しては、なぜその会社を選んだのかを明確に述べることができないといけません。その企業に対する関心を具体的に語りましょう。

Copyright (C)2017面接で好ましくないと判断される応募者.All rights reserved.