学生の就職活動では、場慣れするために第一志望ではない企業の面接を受けることがよくあります。

面接で好ましくないと判断される応募者

面接で好ましくないと判断される応募者

第一志望ではない企業の面接を受ける場合

学生の就職活動では、場慣れするために第一志望ではない企業の面接を受けることがよくあります。もちろんですが、第一志望ではないからと言って、いい加減な気持ちで受けてはいけません。それはマナー違反になります。志望順位が低かったとしても、受ける限りはその企業への関心を示すのが常識です。関心がないと志望動機などをきちんと答えることができません。志望動機を聞かれたときに、言葉に詰まってしまうようでは受ける意味はないと言えるでしょう。場慣れするために面接を受けるのならば、志望順位に関係なく本気で臨むことです。

毎年、応募先企業の事業内容などをきちんと調べもせず面接に臨む人がいます。これでは志望順位が低いことがすぐにばれてしまうでしょう。企業の予習は事前にしっかり行うことです。今ではインターネットがあるのですから、企業の情報を調べることは昔に比べれば格段に楽になっています。より生の情報を入手したければ、学校の先輩などに聞くのもいいでしょう。その企業との出会いがどう言うきっかけであったか、これがきちんと語れると採用担当者に好印象を与えることができます。応募者としてのマナーもわきまえているともみなされるでしょう。

就職・転職・求人に関連するブクマ♪

Copyright (C)2017面接で好ましくないと判断される応募者.All rights reserved.