学生が就職面接を受けるとき、気をつけなければいけないのは言葉遣いです。

面接で好ましくないと判断される応募者

面接で好ましくないと判断される応募者

就職面接で気をつけることは話し方

学生が就職面接を受けるとき、気をつけなければいけないのは言葉遣いです。いくら若いと言っても、流石にそう言う場面ではきちんと敬語を使うと言う学生は多いでしょう。しかし、敬語を使えばいいと言うわけではありません。口調にも十分注意する必要があります。最近の若者の口調で気になるのは、語尾を伸ばす口調です。文節ごとに語尾を引っ張る人が結構います。これは聞く側に甘えた感じを与えることになるので注意しましょう。また、語尾を上げて話す人も多いです。この話し方をすると、自信がないと言う印象を与えることになるので辞めましょう。

とくに、年配の採用担当者は、この話し方に嫌悪感を抱く人が多いです。話す内容が素晴らしくても、話し方で大幅に減点されては損としか言いようがありません。しかし、自分がこう言う話し方をしていると言うことに気づかない人が多いです。面接を受ける前に、一度面接で話すことになる自己PRなどを録音し、確認してみましょう。自分の話し方でダメなところがすぐに分かります。また、自分だけで解決するのではなく、世代の異なる人に録音したものを聞いてもらいましょう。第三者の、それも年配の方の意見はとても貴重です。

Copyright (C)2017面接で好ましくないと判断される応募者.All rights reserved.