私は一、二回ほど、面接官として、面接をした事があります。

面接で好ましくないと判断される応募者

面接で好ましくないと判断される応募者

限られた時間にどれだけアピールできるかが面接です

私は一、二回ほど、面接官として、面接をした事があります。その時は、自分が初めて面接に行って、緊張をして汗をかきながら、応えていた事を思い出しながら、行っていました。その面接官を行った時に、最後の質問で、1分間の時間を与えるので、その1分間で自分の良い所をアピールして下さいと言う質問をさせて頂きました。

皆様、キョトンとした顔をしながらも、一生懸命、アピールして頂けました。なぜ、その質問をしたかと言いますと、私が過去の面接で質問された事だったからです。私の時は3分間でした。その時の3分間は、永遠に終わらないのではないかと思うぐらい長かった記憶があります。そして、3分を待たずに、話が終わってしまいました。その面接が原因かはわかりませんが、その面接を受けた企業は落とされました。ただ、帰りにその面接官は、その質問の理由を教えてくれました。一つは日本人はすぐに謙遜してしまいます。自分の長所は遠慮して言えない人が今も昔もまだまだ多いと思います。

だからこそ、自分を入社させて頂くと、こういうメリットがあるのだというアピールをしてほしいと言う事。限られた時間の中で簡潔にまとめて、相手に対してお話する能力を知る意味もあったと言う事でした。実際、今の職場では、そういう場面に何回も合っています。例え、この企業に入れなくとも、次の企業でがんばってほしいと言うエールを込めて、面接を受ける側も初心に戻り、真剣に向き合うと言う事だと感じています。

Copyright (C)2017面接で好ましくないと判断される応募者.All rights reserved.